専門研究

指導教官のもと専門研究を行い、修士課程2年次には修士論文、博士課程3年次には博士論文を作成して各学院の審査を受けます。所属する大学院のみならず、連携する組織にまたがる授業の履修が可能です。

PAGE TOP